« マネーボール | トップページ | ナイトミュージアム2 »

2012年1月24日 (火)

おくりびと

やりたい仕事なんて、
案外いい加減な基準で決めていたりする。
チェロを弾いていた主人公が納棺師となり、
厳しい世間の目と向かい合いながら、
人生の本質。
仕事のやりがいに目覚めていく。
そんな内容だ。

何が尊くて、
何が劣っているのか?
知らず知らずのうちに、
歪んだ価値観が誰の心にも芽生えていくが、
それはまた時代によっても変わってきたりする。

人と人との絆。
それを確認する過程で、
仕事の優劣はあまり関係ないかな?

|

« マネーボール | トップページ | ナイトミュージアム2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事