« 2012年2月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月25日 (火)

白雪姫と鏡の女王 その3

理想ばかりを追って、
浪費家で。
外見ばかりを磨き続ける女王と。
現代の女性の姿が重なって仕方ないよ。

う〜ん。
別に悪いとは思わないけど。
見ている方としては、
ちょっと考えさせられるよ。

フー

| | コメント (0)

白雪姫と鏡の女王 その2

白雪姫と鏡の女王の衣装デザインは、
石岡瑛子さんなんですよね。
今作は遺作となってしまったけど、
そういうドラマを全面に出した方が、
作品の価値も飛躍的に上がると思うんですが・・・・。
売り方が下手だな〜。
時代や歴史をリアルに映画館に観に行く感じ。

| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

白雪姫と鏡の女王

鬼才と呼ばれる映画監督がいる一方で、
この作品の監督はたぶん凡才以下だと思いますよ。
薄っぺらい内容に、
ドキドキしない展開。

ついつい
映画にする必要があるのか?
なんて考えてしまいますよ。
確かに白雪姫はキレイで可愛いけど・・・・、
ただ、それだけ。

七人の小人も魅力がないし、
魔女もいまいち迫力がない。
王子だって、
ただハンサムなだけ。
せめて魔女の恐怖を
とことんまで突き詰めるくらいしないと、
くだらない作品と呼ばれても仕方ない。

いい点と言ったら、
エンディングの踊りくらいか?

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

おおかみこどもの雨と雪

好きになった人と結婚して、
子どもを全力で守り抜く。

その子どもは成長するとともに
自身の生きる場所を見つけていく。

誰かを好きな感情。
愛情だけあれば、
他は特に重要ではないような?
そんな気にさせる内容だった。
好きになった人が、
オオカミでも。

自身の子どもが
おおかみこどもでも。
そんなことは
たいした問題ではないくらいに・・・・。

愛情のカタチは、
びくともしない。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年10月 »