« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 白雪姫と鏡の女王 その2 »

2012年9月24日 (月)

白雪姫と鏡の女王

鬼才と呼ばれる映画監督がいる一方で、
この作品の監督はたぶん凡才以下だと思いますよ。
薄っぺらい内容に、
ドキドキしない展開。

ついつい
映画にする必要があるのか?
なんて考えてしまいますよ。
確かに白雪姫はキレイで可愛いけど・・・・、
ただ、それだけ。

七人の小人も魅力がないし、
魔女もいまいち迫力がない。
王子だって、
ただハンサムなだけ。
せめて魔女の恐怖を
とことんまで突き詰めるくらいしないと、
くだらない作品と呼ばれても仕方ない。

いい点と言ったら、
エンディングの踊りくらいか?

|

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | 白雪姫と鏡の女王 その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。